糖尿病予備軍の方には「おとなの前菜」で改善!

糖尿病予備軍の方には「おとなの前菜」で改善!

UMIウェルネス株式会社の「おとなの前菜」ってご存知ですか。

難消化性デキストリンという食物繊維が含まれていて、脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるため、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにすることができるのです。

また、糖の吸収をおだやかにするため、食後の血糖値の上昇もおだやかにすることができるのです。
これってもしかして糖尿病予備群にもとてもいいですね。

さらに、おなかの調子も整えることができるということも良いことですね。

糖尿病予備群の方や、脂肪や糖の多い食事を摂りがちな方、おなかの調子を整えたい方に適した食品と言えそうです。

なにわともあれ、一ヶ月のお試しサービスがあります。
通常4050円+税のところを980円で販売してくれます。初回のみですが、一日あたり約33円+税で試してみることができるのです。安いですよね。

是非、気になった方は下記ウエルネスのサイトから申し込んで見てください。アマゾンや楽天には無かったです。

UMIウェルネスのおとなの前菜

そしてダイエットにも!
「おとなの前菜」でダイエット

以下、参考資料
機能性表示食品に関する消費者庁の公開情報を分かりやすくまとめたプラスエイドのサイトより

安全性
当該製品は、難消化性デキストリン(食物繊維)として5g配合しております。2014年12月から日本全国で販売されており、現在までに3万8千食出荷しております。その間、当該製品が原因と疑われる危害事象は発生しておりません。
難消化性デキストリンは、トウモロコシでん粉由来の水溶性食物繊維であるため、原料としては食経験があり、重篤な有害事例は報告されていません。また、特定保健用食品の関与成分として使用されており、2015年10月で392品目が許可取得し、トクホ全体の約33%に相当します。許可品目の食品形態は清涼飲料水、即席みそ汁(スープ)、米菓、ソーセージ、粉末、ゼリー、かまぼこ、発酵乳、パン、米飯、豆腐など多様な食品形態があります。

機能性
【標題】難消化性デキストリンを用いた食後血中中性脂肪の上昇抑制作用に関する研究レビュー【標題】難消化性デキストリンを用いた食後血中中性脂肪の上昇抑制作用に関する研究レビュー【目的】難消化性デキストリンが有する食後血中中性脂肪値の上昇抑制作用について、空腹時血中中性脂肪値が200mg/dL未満の成人を対象として有効性を確認します。【背景】食後に血中中性脂肪値の高い状態が長時間継続する食後高脂血症が動脈硬化や冠動脈疾患の発症を早めるリスク因子であることが明らかとなってきた。そこで食後血中中性脂肪値の上昇抑制作用を有することが報告されている難消化性デキストリンの研究レビューを実施しました。【レビュー対象とした研究の特性】20歳以上で空腹時血中中性脂肪値が200mg/dL未満の成人を対象とした文献9報により評価しました。文献検索は2015年6月25日に実施しました。【主な結果】難消化性デキストリン5gを摂取後、血中中性脂肪の有意な上昇抑制作用が確認されました。また、空腹時血中中性脂肪値150mg/dL未満の健常成人のみを対象とした試験においても同様の作用が確認されました。【科学的根拠の質】未公開論文数を想定しても結果に重大な影響は与えないと判断しました。以上により難消化性デキストリンの食後血中中性脂肪の上昇抑制作用についての有効性が確認されました。② 食後血糖値の上昇抑制作用について 【標題】難消化性デキストリンを用いた食後血糖値の上昇抑制作用に関する研究レビュー【目的】難消化性デキストリンが有する食後血糖値の上昇抑制作用について、健常成人を対象として有効性を確認します。【背景】食後血糖値は糖尿病に関する指標として注目されています。そこで食後血糖値の上昇抑制作用を有することが報告されている難消化性デキストリンの研究レビューを実施しました。【レビュー対象とした研究の特性】20歳以上の健常成人を対象とした文献43報により評価しました。文献検索は2014年12月25日および2015年1月5日に実施しました。【主な結果】難消化性デキストリン5gを摂取後、血糖値の有意な上昇抑制効果が確認されました。【科学的根拠の質】未公開論文数を想定しても結果に重大な影響は与えないと判断しました。以上により難消化性デキストリンの食後血糖値の上昇抑制作用についての有効性が確認されました。③ 整腸作用について 【標題】難消化性デキストリンを用いた整腸作用に関する研究レビュー【目的】難消化性デキストリンが有する整腸作用について、健常成人もしくは便秘傾向がある人を対象として有効性を確認します。【背景】整腸作用を有することが報告されている難消化性デキストリンの研究レビューを実施しました。【レビュー対象とした研究の特性】20歳以上で疾病に罹患していないもしくは便秘傾向がある人を対象とした文献26報により評価しました。文献検索は2014年12月15日および2015年1月5日に実施しました。【主な結果】難消化性デキストリン5gを摂取後、排便回数の有意な増加が確認されました。【科学的根拠の質】未公開論文数を想定しても結果に重大な影響は与えないと判断しました。以上により難消化性デキストリンの整腸作用についての有効性が確認されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする